遺品片付けをして故人の想い出を残す~一生の想い出~

都心は人気

気をつけなければならない点について

都内のお墓は、需要と供給のバランスが悪く、おはかを持ちたいと願っている人に対して、お墓の空きは少ないのが現状です。そして、地方にあるお墓を都内の自分の住んでいる近くに移動できないか検討している人も多くいます。そんな都内のお墓で気をつけなければならない点について説明します。まず、お墓は、墓石のあるものでなければならないのか、共同埋葬でも良いのかしっかりと話し合う必要があります。墓石を持つとなると人気の場所では、なかなかお墓「作ることができなくなってしまいます。情報をこまめに集めることが大切です。また、お寺などの紹介などないのか檀家からの情報を集めたり、様々な情報を得ることが大切です。しっかりと自分の入るお墓のことを考えなければなりません。

知っておくと良い情報について

都内にお墓を建てる場合、やっと、霊園が決まった、次は墓石となります。都内には、様々な墓石を作る業者があります。そんな中で安いところもあれば、びっくりするほとは高いものもあります。そんな時、確認することとして、墓石の石の種類や、何日くらいで作られるのか、また、彫刻の文字制限、文字数の制限などあるのかどうかも確認することが大切です。また、墓誌の有無や塔婆たてがあるかどうか、骨壷は、どのくらいはいるものなのかなどしっかりと確認することが大切です。安いと思ってても、新たに墓誌などをら作るとなると高い金額になってしまうこともあるのです。また、都内だけに目を向けずに、近郊の埼玉や千葉、神奈川などにも目を向けることも大切です。

Copyright (C)2015 遺品片付けをして故人の想い出を残す~一生の想い出~ All Rights Reserved.