遺品片付けをして故人の想い出を残す~一生の想い出~

自分で買う

多様化するお墓のありかた

自分が亡くなった後の事を、生きている間に示しておこうと考える人が増えてきました。いわゆる「終活」と呼ばれるものですが、その中にお墓をどうするかという選択をする人も少なくないでしょう。子供達の負担にならないようにと、散骨や樹木葬を希望する人もいます。最近よくメディアで見かけるのは、都内にある、共同のお骨堂のようなものです。初めてその建物や堂内を見た時、仏様をお祀りするのに、このような物は失礼に当たらないのかと正直思いました。内容はともかくとして、都内にお墓を建てるという事がとても難しく、しかし帰る田舎もない場合、このような形のお墓を利用するのだと知りました。都心の人口が増えた今、田舎がある人も減っているでしょうし、親戚付き合いもほとんどないといっても過言ではありません。そんな時都内にお墓があり、時々お参りすることができたら、故人もうれしいことでしょう。もはや形ではないのかもしれません。大事なのはいつの時代もその心なのです。

都内にするか、田舎にするか

しかしながら、田舎に住んでいる私はいまいちピンときません。やはり、車で行ける距離に実家も嫁ぎ先のお墓もあるからでしょう。あまり頻繁にお墓参りをすることができませんが、時間のある時はお花をお供えしたいと思いますし、どんなに義親が嫌いでも、いずれ自分も入らなければいけないんだなあと思っています。親元を離れ都内に住んでいる人も、いずれ田舎の親が亡くなった時、お墓をどうするのかという問題に直面するでしょう。自分の住んでいる都内にお骨を運ぶか、親の住み慣れた田舎の代々のお墓にするか、とても難しい選択だと思います。墓守がいなくなると心配もありますが、一番大切な事は、故人が天へ召された後も幸せを祈るという事です。たとえお墓参りに行けなくても、祈る気持ちがあれば心が穏やかになるのです。 私自身も、先祖を敬う気持ちをあらためて思い直し、いずれ入るお墓について少しずつ考えていきたいと思います。

Copyright (C)2015 遺品片付けをして故人の想い出を残す~一生の想い出~ All Rights Reserved.